間違った洗顔方法と正しい洗顔の時間

毎日メイクをする女性にとって洗顔は当たり前のようにするものですよね。

皆さん誰に教わることなくやっていると思いますが、肌に合ったものを使わないと肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまう事もあります。

そこでこのブログでは、洗顔の正しい知識をどんどん紹介していきますので、よろしくお願いします。

今回は、意外とやりがちな間違った洗顔方法を紹介します。

洗顔は洗いすぎてはダメ

洗えば洗うだけキレイになると思い込んで洗顔料を肌に擦りつけていませんか?実はそれ、肌には良くありません。

肌はゴシゴシ洗いすぎてしまうと色素沈着を起こしてしまい、肌にとって必要な潤いまでも洗い流してしまいます。必要な潤いがなくなってしまった肌は、乾燥や敏感肌の原因になってしまう可能性があります。

その為、必要な潤いまで洗い流さないように、適度な洗顔を心掛けるようにしましょう。洗いすぎる洗顔をしていると、いくら保湿しても肌が渇くことになってしまうので、毛穴の広がりの原因になったり、将来的にはたるみ顔になってしまうかもしれません。

では、どのくらいの時間洗顔をするのにベストなのかというと、15秒~30秒程度です。中にはなじませたら少しの間置いておくというものもありますが、そういった洗顔料の場合は商品のやり方に沿うのがベストです。

15秒~30秒はあくまで朝の洗顔にかける時間になります。夜洗顔をするなら30秒~1分くらいがベストです。夜は一日のメイクをしっかりと落とす必要がありますし、大気汚染の汚れも落とす必要があるので、朝よりも少し長めに洗顔をするようにしましょう。

ただし、のせた洗顔料は、しっかりとすすぐようにしましょう。
残っているとそれ自体も肌トラブルの原因になってしまう事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。