洗顔の必要性とは?

「毎日クレンジングなどで汚れを落としているのでキレイにリセットされているはず!」と思うと、わざわざ洗顔をする必要があるのかなって思いますよね。

 

洗顔はほとんどの人が日課のようになっていると思います。

クレンジングをした後にさらに洗顔をしている人もいますし、面倒に感じて適当にやっている人もいるでしょう。

しかし、女性も男性も洗顔は美しい肌を保つためにはとても大事なことなんです。

 

クレンジングをしているから洗顔はいらないって思っている人もいると思いますが、クレンジングと洗顔は役割が異なります。

 

何が違うのかと言うと、「落とす汚れの種類」です。

 

年齢と共に肌のターンオーバーは遅くなっていきますし、乾燥したりシミができるなどの肌トラブルが起こってしまうこともあります。

 

なのでしっかりと洗顔の必要性を理解しておきましょう!

 

洗顔の必要性を理解する

 

洗顔は、美しくキレイな肌をつくるための基本的なスキンケアになります。

洗顔をおろそかにしてしまったり、適当にやってしまうと肌の表面や毛穴に汚れが溜まってしまいます。

そうなると肌本来の機能が低下してしまうので、肌トラブルになってしまう可能性があります。

そうならないために洗顔をしっかりと行うことが大事なのです。

 

理想的な一日の洗顔の回数は朝と夜の2回です。

 

朝は忙しいからと言っておろそかにしている人もいると思いますが、肌はたくさんの汗と皮脂を分泌しています。

それらの汚れはお湯や水ではしっかりと落とせないので洗顔料を使ってしっかりと落としてあげることが大事なのです。

 

一方夜の洗顔は、体内から分泌された汗や皮脂、空気中のホコリやチリなどの汚れを落とすために洗顔をすることが大事です。

 

メイクをしている日なら余計に落とす必要はありますし、メイクをしていない日であっても汚れは付着しているのでしっかりと洗顔をしてあげましょう。

 

そこで、おすすめの洗顔料などを紹介しているサイトを見つけました。

 

タチアネットというサイトです。

 

洗顔料の情報を口コミ等も加えながら紹介してくれているので役に立ちますよ!

是非一度見てみてください。

ニキビケアにおすすめの洗顔方法

ニキビに悩んでいるのは男女共に非常に多いと思います。

その為、ニキビケアをしている人も多いと思いますが、間違った方法でやっている人、いるんじゃないでしょうか?

今回は、おすすめのニキビケア方法を紹介していこうと思います。

 

ニキビケアの洗顔方法

 

まず、ニキビには余分な毛穴が詰まらないように余分な皮脂や汚れをしっかりと落としてあげることが大事になります。

その為の洗顔のポイントは、「洗顔料をしっかりと泡立てる」ということです。

泡が少ないと摩擦が強くなってしまい、余計に肌を傷つけることになってしまいます。

また、泡立ちが少ないことで本来の効果が発揮されないので、毛穴の内部まで浸透しづらくなってしまいます。

なので、メレンゲのようなきめ細かい泡になるまで泡立ててからマッサージをするようにしましょう。

顔全体がマッサージできたらぬるま湯でしっかりと泡を落とすようにしましょう。

ぬるま湯の温度は32度前後が最適です。

顔に泡や汚れが残った状態だと肌が炎症を起こしてしまったり、固まった洗顔料が顔表面で固まって毛穴をふさいでしまい、ニキビが悪化することになってしまいます。

よくすすいで泡や汚れが落ちたら優しくタオルオフするようにしましょう。

この時、タオルで擦るように拭くのではなく、ポンポン叩くように優しく拭くのがポイントです。

折角キレイに汚れを落としてもタオルで擦るように拭いてしまうと摩擦で肌が炎症を起こしてしまうことがありますので注意してください。

 

ニキビ肌の人がやってはいけないのは、手を洗わずに洗顔をしてしまうことと、暑すぎるお湯又は冷たすぎる水ですすぎ洗いをすることです。

手を洗わずに洗顔を始めてしまうと手の汚れが顔に付着してしまうので意味がなくなってしまい、アクネ菌が増殖しやすくなってしまう為です。

そして、暑すぎるお湯は肌の必要な皮脂を落としてしまう可能性がありますし、冷たい水は毛穴を引き締めてしまうので汚れが落ちなくなってしまいます。

黒ずみ対策におすすめの洗顔方法

肌の黒ずみが気になる人は多いのではないでしょうか?
自分では気にしていなくても以下に当てはまる人は黒ずみの可能性がありますよ!

・角栓が詰まりやすい人
・オイルケアが好きな人
・汚れをゴシゴシと落とさないと気が済まない人
・メイク落としシートなどでメイクを落とす人

これに当てはまる人は黒ずみケアをしっかりとしておく必要があるかもしれません。

黒ずみケアに酵素で洗顔しよう

黒ずみの対策には、洗顔フォームに酵素を少し混ぜて洗顔をするといいでしょう。
週2回くらいやればOKなので是非やってみてくださいね。

蒸しタオルで毛穴を開かせてから、普段使っている洗顔フォームに少量の酵素パウダーを混ぜてさらに泡立てます。
泡立てた洗顔フォームで顔を優しくマッサージするように洗ってください。
それだけでも毛穴の黒ずみがしっかりと落ちます。

化粧水を2段階で入れ込む

この方法はとっても簡単で、まずは顔全体に化粧水をハンドプレスします。
全体に馴染ませたら気になる小鼻などにはもう一度化粧水をとってハンドプレスしていきます。
最後に全体にハンドプレスをしたら完了です。

スクラブ洗顔と乳液マッサージをする

この方法は、まず顔全体にスクラブ洗顔をします。
できたらスクラブ洗顔を洗い流し、乳液を指でクルクルと馴染ませながらマッサージをしていきます。
最後に水で濡らしたコットン等で乳液を拭き取ってください。
最後に化粧水を顔全体にハンドプレスすれば完了です。

とっても簡単で、続けられる方法だと思うので試してみてくださいね。

間違った洗顔方法と正しい洗顔の時間

毎日メイクをする女性にとって洗顔は当たり前のようにするものですよね。

皆さん誰に教わることなくやっていると思いますが、肌に合ったものを使わないと肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまう事もあります。

そこでこのブログでは、洗顔の正しい知識をどんどん紹介していきますので、よろしくお願いします。

今回は、意外とやりがちな間違った洗顔方法を紹介します。

洗顔は洗いすぎてはダメ

洗えば洗うだけキレイになると思い込んで洗顔料を肌に擦りつけていませんか?実はそれ、肌には良くありません。

肌はゴシゴシ洗いすぎてしまうと色素沈着を起こしてしまい、肌にとって必要な潤いまでも洗い流してしまいます。必要な潤いがなくなってしまった肌は、乾燥や敏感肌の原因になってしまう可能性があります。

その為、必要な潤いまで洗い流さないように、適度な洗顔を心掛けるようにしましょう。洗いすぎる洗顔をしていると、いくら保湿しても肌が渇くことになってしまうので、毛穴の広がりの原因になったり、将来的にはたるみ顔になってしまうかもしれません。

では、どのくらいの時間洗顔をするのにベストなのかというと、15秒~30秒程度です。中にはなじませたら少しの間置いておくというものもありますが、そういった洗顔料の場合は商品のやり方に沿うのがベストです。

15秒~30秒はあくまで朝の洗顔にかける時間になります。夜洗顔をするなら30秒~1分くらいがベストです。夜は一日のメイクをしっかりと落とす必要がありますし、大気汚染の汚れも落とす必要があるので、朝よりも少し長めに洗顔をするようにしましょう。

ただし、のせた洗顔料は、しっかりとすすぐようにしましょう。
残っているとそれ自体も肌トラブルの原因になってしまう事があります。